梅が丘校

別名: 
ume

3学期の平常授業開始!

今日から、梅が丘校の3学期の平常授業がはじまりました。

来年度に中学生となる小6生の国語の授業では、小学校の内容を終了し、中学校の内容の予習に入りました。

授業では「文節・単語・主語・述語・修飾語」について取り上げました。

これらの項目については、普段の会話で自然と養われていくものでもありますが、同時に個人差もでてしまい、「曖昧に覚えている子は学年が上がっても曖昧なまま」となり、難し目の問題で正解することはできません。

問題を解くことと、普段の会話で使用するのでは、考え方が全く違います。

「問題を解くとき専用の考え方」で解くことが難問を正解できるコツなので、しっかりと学習しましょうね!!

今年最後の補習授業。

今日で2012年は終わります。

12月27日までは「冬期講習・前半」を、昨日までは3日間にわたる「冬季勉強合宿」を開催しておりました。

今日は高校生を呼び、補習授業(冬休みの課題)をしておりました。

これから3日間は正月休みを十分に満喫してください。

1月4日から、また気合いを入れ直して勉強を頑張りましょう!!

今年最後の授業

今年最後の通常授業が
梅が丘の中2理科のクラスでもありました。

中学2年生にとっては
ただのOPEN模試対策の授業だったかもしれませんね。

でも、中学2年生にとっては
そのただの授業をそろそろ大切にしてほしいと思います。

例えば 英単語を1日たった3つ覚えるだけで
一年で、3つ×365日で 1095単語の差が出来てしまいます。

中2の今から始めれば、必ず入試に間に合います。
中3になってから気がついたら、間に合いません。

だから
ひとつひとつの授業を大切にしていきましょう。
ひとつひとつ大きくなっていきましょう。

統一OPEN模試に向けての特訓!

今日の中1・2生の授業では、3日後の統一OPEN模試に向けての特訓を行いました。

彼らが来年・再来年に迎える高校入試の時には、彼らは試験当日に向けて一生懸命勉強をするのでしょう。

統一OPEN模試はそのための「予行演習」とも言うべきものです。

こうすることで、着実に力をつけることができますし、自分が行くことができる高校の幅が広がります。

目標点数・目標校は人それぞれことなるでしょうが、それに向けて全力を尽くしましょう!

苦手克服のための個別対応

今日は、中3生は名張本校での特別講座がないので、中3生を個別に呼び、苦手科目・苦手分野の克服の日としました。

受験日が刻一刻と近づいてきている現状では、学校・塾の授業だけでなく、個人での勉強時間も大切なものとなってきます。

子どもたちが一人で勉強する場合、自分が得意な科目・分野については、積極的に勉強時間をとりますが、反面、苦手な科目・分野については、「わからないから後回し」「わからないからしない」となってしまう傾向があります。

そこで、今日のような場が必要なのです。

もちろん、この1回だけで、苦手→得意となることはないのですが、今日のような日の積み重ねで苦手が克服されると思います。

積極的に時間を取っていきますよ!

2012年度梅が丘校マニュフェスト(冬期講習)

OPEN模試の勉強。

小・中の各学年とも、OPEN模試の時期が近づいてきました。

ここから、OPEN模試まではより良い成績を残してもらええるように、模試に向けての勉強をしています。

中3生にとっては、志望校判定が出来る大変重要なテストでもあるので、全力を尽くして準備をし、模試で全力をだしてほしいと思います。

読解力特訓講座が一段落。

今日の午前中に、小学生対象の読解力特訓講座を行いました。

この読解力特訓講座は、2週間に1回のペースで開催し続け、2学期の定期的な開催は今日で最終日となりました。

定期的にきまった数の文章問題に触れてもらうことで、子どもたちの知識は増えたことでしょう。

読解力は全ての勉強の基本です。今回の経験は子どもたちにとってプラスにはたらくことを期待しています。

次は「冬期講習期間」、そして「3学期の定期開催」と続きます。

また次も頑張りましょう!

テストは続く・・。

名張高校は現在テスト期間中です。

今日も次のテスト科目の勉強のために、名張高校生が勉強しに来ていました。

教科書を読んでも理解できなかった問題があったので、考え方だけを教えると自分で解きはじめ、自分で正解までたどり着くことができました。

「自分には解けないと思っていた。解けたことが嬉しい」と感動していましたsmiley

人間、やればできるものですよlaugh

入試に向けての個別準備中・・・

中学生たちは期末テストが終了し、もうすぐ冬休みを迎えます。

特に受験生たちには、2週間ほどの冬期講習を有意義に過ごしてもらいたいものです。

また、冬休みが終われば、私立入試まで1ヶ月を切っている状態ですので、それほど時間の余裕はありません。

今から入試まではより多くの勉強時間を確保しながら、より効率の良い勉強法を考える必要があります。

この時期には、全員に対して「理科・社会を中心に勉強するように」とアドバイスをしますが、それ以外の科目についても苦手なのであれば、その科目について勉強時間を割く必要があるでしょう(苦手=伸びしろが多い、と考えます)。

苦手な部分は生徒一人ひとりで異なりますが、あるものは国語の特別課題、またあるものは英語の特別課題・・というように、生徒一人ひとりの状態に合わせた勉強法を実践中です・・。

ページ

Subscribe to RSS - 梅が丘校