梅が丘校

別名: 
ume

準備は少しずつ、確実に。

中3生は受験勉強のため、中1・2生は学年末テストにむけての勉強のためということで、自習室を使用している生徒たちが増えています。

特に、中1・2生には今回の学年末テストでとりたい「目標点」を書いてもらったところなので、これを実現するため一生懸命頑張ってもらいたいです。

今週末にはテスト直前ということで、学年末テスト対策を実施予定です。

家で頑張り、塾で頑張って満足のいく結果を残しましょう!!

学年末テストに向けての準備②

名中1・2年生の学年末テストは来週から始まります。

今日でテスト1週間前ということです。

先週の1・2年生の授業では「試験科目を何点取りたいか?」「目標達成のためにどんなことをしていくか?」を一人ひとりに書いてもらいました。

「提出物を○○までに終わらせる」「自習室を利用する」など、目標点数を上回るために自分の障害となるものを書いてもらうことで、目標達成の意識をより高くもってもらうことが狙いです。

あとは、日を経るごとに「ちゃんと順調にこなしているか」を確認していきますよ。

学年末テストに向けての準備

名中の1・2年生は学年末テストを2週間後に控えています。

どの学年もこの年度の総復習となるテストなので、テストの準備はそろそろ本格的に始める必要がありますね。

5科目の準備などはそろそろ始めておきましょう。正確な範囲はまだわかっていなくとも、2学期末テスト以降に習った範囲は学年末テストに含まれることでしょう。

テスト勉強をテスト1週間前から始めるのでなく、今のうちから少しずつ始めることは、受験時に必ず良い勉強習慣として役立ちます。


今日の中2の授業でも、「そろそろ学年末テストを意識した勉強に切り替えること」と生徒たちに話しました。

テストの目標点数を決めて、それに向けてがんばりましょうね!!

前期選抜入試応援

今日は三重県立高校の前期選抜入試日でした。

前期選抜は集合時間・試験開始時間が高校ごとに違うので、2つの高校に行くことができました。

前日は普段よりも早めに勉強を切り上げて、睡眠時間を十分にとってほしかったのですが、子どもに声をかけると「あまり寝れなかった」との返事が・・・。

また、試験の緊張からか、普段の表情と比べて明らかにこわばった表情の子どももおり、心配にもなりました。

反面、私たちの姿を見てニコっと笑顔を見せた子どももおり、こちらは緊張が幾分か緩和されたようでした。

県立高校の入試は、約1か月後に「後期選抜」もあるので、今回が最終入試というわけではないのですが、こどもたちの直前の頑張りを思い出すと、今回で一人でも多くの子どもたちが合格してほしいです。

内定決定日は14日です。

受験生たち

受験生たちの入試はすでに始まっています。

三重県の私立入試結果は大方出揃いました。

受験生たちの第一志望は公立高校なので、彼らの受験はまだ終わりではありませんが、それぞれの目標へ向かって勉強を頑張っています。

明日は奈良県入試、明々後日は公立高校前期選抜入試が控えており、各高校の過去問の質問が最近は特に多いですね。

自習室も盛況で、彼らの頑張りが合格という良い結果につながっていくことを願うばかりです。

2月度梅が丘校予定表

高田高校入試日

今日は高田高校の入試日です。

名張地区の子どもたちは、高田高校ではなく名張会場(名張中学校)で受験しています。

塾生たちは、全員公立高校を第1目標としているため、入試に対する緊張度合いは最大という状態ではありません。

しかし、高田高校のコースの1つは上野高校普通科と同レベルの偏差値を持っているため、上野高校を受験しようとしている子どもたちにとっては今日の入試は特に重要です。

入試は我々講師も緊張します。

良い結果であることを願うばかりです。

中学準備講座案内

昇英塾梅が丘校では、2月から現小6生対象の「中学準備講座」を行います。
 
この講座の内容は「中学校で学習する内容を2月から先取りして学習し、中学校でのスタートで躓かないようにしよう」というものです(準備講座では、科目は英語・数学・国語を扱います)。
 
今年度から、全中学生たちは新しい教科書を使用して授業を受けています。教科書の改訂による「授業・学習内容の難易度の上昇」により、子どもたちも危機感を持ち、今まで以上に各ご家庭での勉強時間を増やしてくれることを私たちは期待しましたが、そううまくは行かなかったようです。「今年の中3生では、成績が良い子と成績が極端に悪い子の割合が特に多くなっている」とのお話しを保護者の方より伺いました。いわゆる「成績の中間層(成績の伸びが最も期待できる)」が減ってしまったということだそうで、難易度の変化についていけなかった子どもたちの割合は多かったようです。
 

読解力特訓の成果は・・?

現在、梅が丘校で2週間に1度開催している「読解力特訓」の目的は、「小学生の間に、より多くの文章に触れて文章を読み取る力(読解力)を身につけよう!」というものです。

読解力というものは、これ以外にも身につける方法はたくさんあります(「読書」はその最たる例でしょう)が、学習塾としてできることの1つはこの「読解力特訓」だと私は考えています。

さて、この読解力の特訓を、長期間に渡り継続してきた子どもたちの成果はいかほどでしょうか・・?

「学校の国語についていけなくなった。家でも読書をほとんどしない」というある男の子は、今からちょうど1年前から、毎週1時間ずつ読解力特訓をはじめました。

そして、今では以前に比べて、周りの人間がはっきりとわかるような成果が出ています。文章が読み取れることで、国語嫌いが緩和されたのか、字を丁寧に書くようになり、漢字も少しずつできるようになりました。

しかし、まだこれで完璧というわけではありません。学年が上がるごとに「文章問題の解き方(テクニック)」もまた身につける必要があります。

これまでの成長は誉めてあげ、さらに頑張ってもらおうと思っています。

学年末テスト対策補習実施

現在、名中(3年)と桔中(3年)は学年末テスト期間中です。

後期選抜の入試結果に影響するテストということで、是が非でも良い結果を残してほしいところです。

今日は明日の科目のテスト対策補習を行いました。

また、今日は名張本校での「高校入試直前対策講座」の日でもあったので、直前対策に参加している人は長時間の授業となりました。

そこで、今日は個別対応の形式を取り、テスト対策を行いました。

授業が終了し、明日のテスト対策のご連絡をご家庭にさしあげたところ、「今日勉強したところの復習を帰ってからやっています」とのお返事をいただいたご家庭もありました。

明日のテストで満足のいく結果がでることをお祈りしております。

ページ

Subscribe to RSS - 梅が丘校