単子葉類・双子葉類

小4理科では、単子葉類と双子葉類について勉強しました。

単子葉類とは文字通り、子葉が1枚の植物で、双子葉類とは子葉が2枚の植物です。
成長すれば、子葉は枯れてしまいますが、見分け方は他にもあるのです。
  双子葉類 単子葉類
葉脈の通り方 葉脈は網目状

網状脈


葉脈は平行

平行脈

維管束の並び方  輪の形  ばらばら
根の形
主根側根
ひげ根
子葉の数  
 2

 1
花びらの数 4、5枚(4か5の倍数)が多い 3、6枚(3の倍数)が多い
おもな植物 アブラナ サクラ アサガオなど イネ ムギ ユリ トウモロコシ
ネギなど

このように、見た目も大きく違ってきます。

春になれば、いろんな植物が芽吹いてきます。
身近な植物で観察してみてください。
今までとは違った目で見ることができますよ。



校舎: 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。