11/8 教育講演会 【対象:全学年】

11月8日(日)、名張産業振興センターアスピアにおいて、昇英塾主催の木村達哉先生教育講演会が開催されました。当日は、入場時の検温と手指消毒、机や椅子の消毒、2方向以上を常時開放した十分な換気、収容可能人数の4分の1程度に絞った定員、ソーシャルディスタンスを確保した座席配置など、万全な新型コロナウィルス感染予防をおこなっての開催でした。
高校生の間で「キムタツ先生」と呼ばれている灘中学校・高等学校の木村先生は、ユメタンやユメジュク、ユメサク、5-STAGE英文法完成などの著書を執筆されていて、これらの著書は多くの高校で採用されています。
そういう全国的に有名な先生の講演会とあって、名張市内だけでなく大阪府や奈良県、三重県津市など遠方から参加された方もおられました。
講演では「冠詞の使い分け」や「英作文時の日本語加工」など生徒たちが苦手とすることについて、いろいろな例を示しながら分かりやすく教えていただきました。
先生の巧みな話術もあって予定していた時間はあっという間に過ぎ、参加した生徒たちからは「英単語の忘れない覚え方を教われてラッキー」、「音読の大切さが分かった」、「英作文は苦手だったが、うまく日本語を加工すれば書きやすくなることが分かった」、「冠詞の使い分けってよく分からなかったけど、キムタツ先生の授業を受けて完璧に理解できた」、「この続きの授業も受けてみたい」といった声が多く聞かれました。
 
カテゴリー: