ジャガイモ・サツマイモ ~小6理科~

今日の授業での1問です。

カレーライスに入っているジャガイモに含まれているでんぷんなどの栄養分は、おもにどこでつくられたでしょう。
A:葉  B:茎  C:根  D:花

多くの生徒が「B:茎」と答えたのですが、正解は「A:葉」です。
でんぷんなどの栄養分は、ジャガイモの光合成のはたらきによってつくられました。
光合成はおもに葉の葉緑体で行われます。
では、なぜこのようなミスをしてしまったのでしょうか。

皆さんが食べている野菜は、植物のどの部分であるか知っていますか。
例えば、ダイコンは根、キャベツは葉ですね。
では、ジャガイモは?
正解は「茎」なんです。
では、サツマイモは?
正解は「根」です。
では、レンコンは?
レンコンは漢字で書くと「蓮根」なんですが、食べている部分は「茎」なんですね。
ちなみに、サトイモも「茎」なんです。
これらのことは、ジャガイモやレンコンやサトイモは光合成でつくった栄養分を「茎」に蓄え、サツマイモは栄養分を「根」に蓄えていると言い換えることができます。

こういった知識が邪魔をして、多くの生徒に「B:茎」と答えさせてしまったのですね。
ちょっとしたひっかけ問題でしたね。
やはり問題はよく読んでよく考えなければなりませんね。
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。