​​​​​​​●社会学15【市場経済と格差社会】

 
 社会学は、社会構造の変動などを、人間の社会的生活という視点から、客観的・実証的に研究する学問です。社会に存在する人々が、日常生活の交わりの中で構築していく「公」となる制度や規範、組織や社会関係、そして文化などの変容を学問的に追究します。具体的には、家族、地域社会、産業社会等での具体的事例を題材として、社会問題を考えます。社会学の目的は、現代社会を生きるための観察力・分析力を育むことです。



●社会学15【市場経済と格差社会】

①市場経済の光と影
 ⇒市場原理主義新自由主義による経済活性化
                   ↓
                 本当にそれで良いのか?

②さまざまな「力」の不均衡
 1)独占の問題
 2)利権の問題
 3)競争の阻害問題

③「矛盾」の顕在化
 1)環境問題の発生…公害地球温暖化など
 2)社会生活の影響…自動車、アルコール、ゲームなど
 3)市場の社会性の確立

④市場外の社会サービスの確保
 1)福祉、交通サービス(地方)など
   ⇒社会生活の安定
 2)今まで、役所(税金)の力
   ⇒しかし、地域やボランティアの力へ
 ※実例:高齢者の買い物が困難…買物難民


 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。