桐ヶ丘校ブログ

不定詞

今週の中2英語はいよいよ「不定詞」の内容に入りました。

名詞的用法・副詞的用法・形容詞的用法

基本の3用法を説明した後、さっそく練習問題にチャレンジしてもらいました。smiley

最初は自信がない様子でしたが、1つ1つ確認することで、少しずつ自信も出てきたようです。

「不定詞」に限った事ではありませんが、それぞれの用法にはパターンというものがあります。

1つでも多く練習することでそのパターンがわかってきますので、来週からもひたすら練習あるのみで頑張りましょう!yes

校舎: 
カテゴリー: 

勉強の秋到来!

 2学期は、ぎっしり詰まった学習内容と行事を同時にこなしていかなくてはならない忙しい時期です。
教科書の学習内容も急に難しくなります。そのため、しっかりと計画を立てて勉強した生徒とそうでない生徒の差がはっきりと出てしまいます。
桐ヶ丘校では、ご好評をいただいています土曜補習や早朝特訓でしっかりとした学習量の確保に努めてまいります。
学習相談をして、君の弱点を見つけ出しましょう!
 「少しでも進歩したら褒めて伸ばす」が桐ヶ丘校のやり方!
みんなでおおいに「勉強の秋」を楽しみましょう!
校舎: 
カテゴリー: 

方程式の利用⑤【中1数学】

年齢に関する問題にもチャレンジしてみよう!

現在母は37歳、子は13歳である。母の年齢が子の年齢の2倍になるのは何年後か。

【解き方】今からx年後、母は(37+x)歳、子は(13+x)歳になる。
したがって方程式は、37+x=2(13+x)
これを解いてx=11 

 答え  11年後
校舎: 
カテゴリー: 

方程式の利用④【中1数学】

今日は過不足についての問題です。

生徒にノートを配るのに1人に10冊ずつ配ると10冊不足するので、1人に8冊ずつ配ったら26冊余った。生徒の人数とノートの数を求めよ。

【解き方】 生徒の人数をx人とすると、「1人に10冊ずつ配ると10冊不足」することからノートは(10x-10)冊。
「1人に8冊ずつ配ったら26冊余った」のでノートは(8x+26)冊。
したがって方程式は10x-10=8x+26
これを解いてx=18(生徒の人数)
ノートは10×18-10=170冊   

答え 生徒18人  ノート170冊
校舎: 
カテゴリー: 

英検のすすめ(留学)

海外の大学に留学することを夢見る人は少なくないでしょう。その際に1つ問題となるのは英語力の証明です。

「私は授業についていくことができます」ということを、大学に対して公的に証明しなくてはなりません。

最近では英検を「英語力の証明」として採用する大学が増えています。将来留学を考えている人は2級、できれば準1級をとって夢の実現につなげましょう。


 
校舎: 
カテゴリー: 

漢検(準2級)受検のすすめ

準2級は高校在学程度のレベル。対象漢字数1945字

程度 小学校・中学校で学習する常用漢字の大体を理解し、文章の中で適切に使えるようにする。

領域―読むことと書くこと 常用漢字の大体が読める。特に中学校で学習する音・訓を身につける。学年別漢字配当表の漢字およびその他の常用漢字300字程度を身につけ、文章の中で適切に使えるようにする。

  • 熟字訓、当て字を理解すること(硫黄/いおう、相撲/すもう、草履/ぞうり、凸凹/でこぼこ など)
  • 対義語、類義語、同音・同訓異字などを理解すること
  • 典拠のある四字熟語を理解すること(驚天動地、孤立無援 など)

領域―部首 部首の理解を深め、正しく識別する。

 
以上のことを正しく勉強して臨めば、相当な高校受験の国語力を高めるのに役立ちます。

校舎: 
カテゴリー: 

2乗に比例する関数の式【中3数学】

 2つの変数χとyがあり、χの値が定まればそれに対応するyの値が1つ定まる場合、yはχの関数という。
 
変数とはいろいろな値に変えることのできる数のことです。
ですから、χとyがいろいろな値をとり、yをχの式で表せるような場合が関数です。
例)
 (ア) y = 4χ   (イ) y = 3χ-4   (ウ) y =    (エ) y = 3χ2  

 (ア)(イ)のようにyがχの1次式で表せるものを1次関数、特に(ア)の形になるものを比例といい、
 (ウ)の形になるものを反比例といいます。
 (エ)のようにyがχ2の項で表せる場合、yがχの2乗に比例するといいます。
  
校舎: 
カテゴリー: 

方程式の利用③【中1数学】

 生徒にノートを配るのに1人に10冊ずつ配ると10冊不足するので、1人に8冊ずつ配ったら26冊余った。生徒の人数とノートの数を求めよ。

【解き方】 生徒の人数をx人とすると、「1人に10冊ずつ配ると10冊不足」することからノートは(10x-10)冊。
「1人に8冊ずつ配ったら26冊余った」のでノートは(8x+26)冊。
したがって方程式は10x-10=8x+26
これを解いてx=18(生徒の人数)
ノートは10×18-10=170冊   

答え 生徒18人  ノート170冊
校舎: 
カテゴリー: 

方程式の利用②【中1数学】

今日の代金に関する問題の続きをアップしました。
参考にして下さい。

1個150円のりんごと1個90円のなしを合わせて30個買うと代金は3480円になった。それぞれ何個買ったか。

【解き方】りんごをx個とすると、なしは(30-x)個買ったことになるので、方程式は、
150x+90(30-x)=3480
これを解いてx=13 なしは30-13=17個   

答え りんご 13個,なし17個
校舎: 
カテゴリー: 

方程式の利用①【中1数学】

 連続する3つの整数があり、その和は612である。この3つの整数を求めよ。

【解き方】3つの整数をx,x+1,x+2とすると、方程式は、
x+x+1+x+2=612
これを解いてx=203  

答は 203,204,205となります。
校舎: 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ