田沼意次の政治

老中田沼意次は、株仲間を結成することを奨励し、これに営業の独占を
認めるかわりに税を徴収しました。また、蝦夷地の開発や外国との通商
などを計画しました。田沼がこうした政策を進めた目的は、「幕府の収入を
増やすため」が第一だったからです。こうしたことから田沼の政治を「賄賂
政治」と呼ぶものもいました。
後に、老中となり質素倹約を旨とする寛政の改革に取り組んだ松平定信と
比して民衆は
「白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき」
この歌は、松平定信の政治に嫌気が差して田沼時代を懐かしむ歌です。
校舎: 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。