梅が丘校ブログ

●社会学15【市場経済と格差社会】

 
 社会学は、社会構造の変動などを、人間の社会的生活という視点から、客観的・実証的に研究する学問です。社会に存在する人々が、日常生活の交わりの中で構築していく「公」となる制度や規範、組織や社会関係、そして文化などの変容を学問的に追究します。具体的には、家族、地域社会、産業社会等での具体的事例を題材として、社会問題を考えます。社会学の目的は、現代社会を生きるための観察力・分析力を育むことです。



●社会学15【市場経済と格差社会】

市場経済の光と影
 ⇒市場原理主義新自由主義による経済活性化
                   ↓
                 本当にそれで良いのか?

②さまざまな「力」の不均衡
 1)独占の問題
 2)利権の問題
 3)競争の阻害問題

「矛盾」の顕在化
 1)環境問題の発生…公害地球温暖化など
 2)社会生活の影響…自動車、アルコール、ゲームなど
 3)市場の社会性の確立

④市場外の社会サービスの確保
 1)福祉、交通サービス(地方)など
   ⇒社会生活の安定
 2)今まで、役所(税金)の力
   ⇒しかし、地域やボランティアの力へ
 ※実例:高齢者の買い物が困難…買物難民


 
カテゴリー: 

個別懇談会にて⑥(2021年2学期)

・小学生女子の保護者の方より

現在は国語を塾で習っているのですが、最初は漢字が苦手で、読解も苦手でした。

しかし、入塾して半年が経った今は、まだ完璧に苦手が克服できたとまでは言えないものの、漢字も読解も成長が見られます。

同じ勉強の時間帯にはお友達も来ているのですが、お互いに邪魔することなく、勉強に集中できています。

お友達もいい結果が出始めていると聞いているので、このままお互いにいい刺激をもらって頑張ってほしいです。


小学生のうちは「勉強=楽しいこと」というイメージを持たせてあげたいものです。

この子も、この子のお友達もこの良いイメージが定着しつつあるので、お互い切磋琢磨して頑張ってほしいですね。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて⑤(2021年2学期)

・小学生女子の保護者の方より

問題をじっくり考えて解くことができています。

入塾してから、学校の内容の定着に加えて、絵や図をイメージする問題を多く解くことでより深く考えられるようになりました。

今後は難しい問題にもふれていき、将来の可能性が広がる(高校受験やその後の進路)にサポートしてあげたいです。

教えている講師目線でも、将来が期待できる様子です。

今後にさらに期待しています。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて⑤(2021年2学期)

・中学生男子の保護者の方より

中学生になって部活動にも入り、新しい仲間ができました。

部活動が楽しく、勉強も自分の目標をもって続けています。

志望校はまだありませんが、塾も含めて生活の良いサイクルができているようで、このまま頑張ってほしいです。


志望校ができたときに、自分がその高校を狙える実力をもっているかは大事なことです。

また、周りの友人や大人からのアドバイスを参考にしながらも、最終的な志望校は「自分で決めた」という事実は、受験生が最後まで頑張り通せるかどうかを大きく左右します。

目標があるのは良いことですね。このまま自分の目標を意識しながら頑張っていきましょう。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて④(2021年2学期)

・中1女子の保護者の方より

中学生に上がり勉強が難しくなりましたが、本人のペースを崩すことなく頑張っています。

学校の定期テストでは「上位●番までに入りたい」と、自分なりの目標をもっています。

ゲームが大好きで、空いた時間があればよくしています。

しかし、勉強と遊びの境界線をはっきりと引いており、前述のように自分のこだわりがあるので、高い結果を維持しています。

志望校はまだ決まっていませんが、志望校ができたときに「その高校を狙うことができる位置や実力」をつけているように日々頑張ってほしいです。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて③(2021年2学期)

・小学生女子の保護者の方より

通塾する前は、学校の宿題を家で教えていましたが、説明をなかなか理解してくれず喧嘩になることが多かったようです。また、子ども自身の落ち着いて考えることができませんでした。

通塾して、問題を丁寧に読むこと、文章の内容を頭でイメージして図で考えるクセをつけてもらうように丁寧に勉強しています。

その結果、まだまだ発展途上ですが、できる問題が増えて落ち着いて考えることができる時間が長くなってきました。

家でわからない問題を教えるときも、以前とは違い理解してくれることが多くなり、喧嘩が減っているようです。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて②(2021年2学期)

・小学生女子の保護者の方との懇談

以前は「漢字と言葉の意味」が苦手なので国語が苦手でした。

そこで、STEPの授業を通して「漢字の練習」「言葉の意味の学習」を中心に練習を重ねました。

また、小学生の時期ということで、宿題をする際にはできる限りサポートをしてくださいとお願いしていました。

以前は保護者の方がお子様に説明しても、お子様が「よくわからない」とイライラしている様子を見せることが多かったそうです。

しかし、本人と保護者の方の頑張りのおかげで、最近は家でもスムーズに勉強ができているようです。

そして塾の授業でも、落ち着いてじっくりと考えて解くことができています。

ぜひ、この状態を維持して少しずつ成長していただきたいです。
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談会にて①(2021年2学期)

今学期の個別懇談会が始まりました。この懇談会での保護者の方のお声をいくつか紹介いたします。

・小学生女子の保護者の方との懇談内容

楽しく塾に通っており、本人から進んで毎回塾に通っています。

学校の内容はきちんと理解しているので、中学生への準備(基礎力)を維持しながらも応用問題に少しずつ触れさせています。

宿題をするタイミングが、いつも次の授業の直前なのが気になるところです。

ここは「すぐにした方が良い」と声をかけるだけでなく、「今自分の勉強サイクルで、習った内容が定着しているかどうか」を大人が一生に考えてあげることでサポートを続けます。

中学生になると勉強の内容は難しくなりますが、本人が「あ、勉強がすこし難しくなったな」と感じることが大事です。そして、そのときに大人がすかさず「そうだね。じゃあ今までとは少し方法を変えてみようか」と声をかけることが必要ですね。

 
校舎: 
カテゴリー: 

●社会学14【現代社会の生活】


 社会学は、社会構造の変動などを、人間の社会的生活という視点から、客観的・実証的に研究する学問です。社会に存在する人々が、日常生活の交わりの中で構築していく「公」となる制度や規範、組織や社会関係、そして文化などの変容を学問的に追究します。具体的には、家族、地域社会、産業社会等での具体的事例を題材として、社会問題を考えます。社会学の目的は、現代社会を生きるための観察力・分析力を育むことです。


●社会学14【現代社会の生活】

生活の質の要素を重視
 QOL:Quality Of Life
    ↓
 脱物質志向の動きへ
    ↓
 ・エコロジーな生活
 ・スローライフな生活

②生活の質:「モノ」から「こころ」
             関係性

③生活の質:「健康」
 1)身体・精神・社会的関係、そして人間存在そのもの
 2) キュアケア 
   cure  care
   ⇒医学モデムと社会モデム
 3) ターミナルケア 
   terminal care
   ⇒終末期医療


 

第96回『桔梗が丘校からの挑戦状』

第96回「桔梗が丘校からの挑戦状」


あの悪魔のようなコロナ感染の渦も一段落の状況で、私たちの生活も平静を取り戻せるような光明が差してきました。でも気を緩めずに、しっかり感染症対策を継続させていきましょう。アッキー大魔神もしっかり見守っていきますね。

<前回クイズの当選者発表>
抽選の結果、前回クイズの当選者は次の皆さんです。
おめでとうございます!
服部 十和子さん(つつじが丘校・小5) 
O・Kさん
いちかさん  
村田 彩さん  (梅が丘校・小2)
米澤 希海さん (つつじが丘校・小5)
N・Kさん    

<前回のクイズ>
次の(?)に入る数字はなんでしょう!?
家 ⇒ ( 1 )
笛 ⇒ ( 6 )
石 ⇒ ( 3 )
岩 ⇒ ( ? )

<前回のクイズ解答>
25

では、今回のクイズを出題します。
今回は世界遺産からの出題です。2011年に世界遺産に登録された小笠原諸島は、飛行機やフェリーで行ける東京都の自然スポットです。「東洋のガラパゴス」とたびたび呼ばれる小笠原諸島は、亜熱帯の地域で年間を通して平均気温は23度と過ごしやすい気候の中で都会では見られない動植物と出会えます。また、海の美しさにも定評があるため、スキューバダイビングやクジラウォッチングなどが楽しめますよ。
さて問題です
『小笠原諸島』は英語で何と呼ばれるでしょうか。
(1)スモール・アイランズ
(2)シード・アイランズ
(3)ボニン・アイランズ 
(4)フライング・アイランズ


さあみんな、秋山先生からの挑戦をはねのけて、どんどん応募してください。
今回の締め切りは、11月21日(日)中です。


応募はこちらから!

<ヒント>
小笠原諸島は、江戸時代まで人の住まない島々だったため、「無人島(ブニンジマ)」と名づけられていました。

というわけで、次回「クイズ 名探偵ショーエック・ホームズに挑戦」は、梅が丘校の堀井先生が12月1日からの1週間の間でアップします。
お楽しみに!



 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ