●社会学11【人口から見た社会変動➋】


 社会学は、社会構造の変動などを、人間の社会的生活という視点から、客観的・実証的に研究する学問です。社会に存在する人々が、日常生活の交わりの中で構築していく「公」となる制度や規範、組織や社会関係、そして文化などの変容を学問的に追究します。具体的には、家族、地域社会、産業社会等での具体的事例を題材として、社会問題を考えます。社会学の目的は、現代社会を生きるための観察力・分析力を育むことです。


●社会学11【人口から見た社会変動➋】

少子高齢化のメカニズム
 1)合計特殊出生率の低下
 2)ヨーロッパの持ち直し…要因:家族政策と子育て支援
 3)日本…人口置換水準の徹底
   ・1.57ショック(1989年)
   ・日本史上最多の人口は2004年12月

⑥婚姻
 1)晩婚化晩産化
 2)未婚化…要因:雇用不安や非正規労働など
 3)結婚の多様化…事実婚
   ⇒同性結婚…ヨーロッパを中心に合法化
              (養子が取れる)
   ※パートナー法…イギリス、フランス、ドイツなど
              (養子が取れない)

⑦死亡
 日本は、平均寿命が長い
 ⇒無線社会「消えた高齢者問題」など

⑧国際人口移動…外国人労働者


 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。