梅が丘校ブログ

1学期の成績評価①

各中学校では夏休み中です。コロナウイルスの影響で中間テストがなくなったりと、例年とは違った1学期ではありましたが、その成績を塾生のみなさんからお預かりしましたのでご紹介します。

今日はある中3生の成績のお話です。

この子は入塾時に5段階評価で「2」が5つありました。

志望校を考えたときに、2があると内申点で後れをとってしまう状況です。

そこで、定期テストを目標に頑張ることにしました。

さて、その結果はどうだったでしょうか・・・

今回の成績はすべて3以上となりました。

これまで常に2がついていた成績だったので、今回の結果はとてもうれしかったようです。

休み明けには実力テストがあります。これにむけてしっかりとやり切ってもらいますね(^^
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談より⑨

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中3生・女子の保護者とのお話です。

この子は今から1年前に入学しました。

入塾当時の定期テストは5科目合計で300点台後半の成績でした。

その後自習の時間などを有効に活用し、いまでは400点台前半まで上昇し、塾内模試でもTOP10を狙えるレベルにまで成長しました。

現在は県立高校のTOPレベルを目標に日々勉強しています(^^

まだ成績は安定していないものの、依然と比べて成績が大きく上がりました。

努力の継続の結果だと思います(^^
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談より⑧

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中3生・男子の保護者とのお話です。

この子は今から10か月前に入学しました。

初めてお会いしたときは、英語の成績が低いことを悩んでおり、定期テストは20点でした。

その後もう一度基本から勉強しなおして、最近の期末テスト(今月初めに実施)では66点まであがりました(^^

一度低い点数に落ち着いてしまうと、子どもは「もう自分には成績をあげることは無理なんだ」と考えてしまいます。

時に「頑張ろう」と思っても、頑張り方を知らないのです。

そういう時は、他の人の力を借りて頑張るきっかけをもらうとよいでしょう(^^
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談より⑦

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中3生・男子の保護者とのお話です。

この子は小学生の頃に入塾しました。

勉強はずっと続けていますが、将来こうなりたい・・という目標はなく成績は上下を繰り返すことが多かったです。

しかし、受験生になって志望校がいくつか出てきました。

それに伴い成績が一気に上がりました(^^

今までの成績は上下していましたが、その中でも基礎の力はできていたということですね。

現在志望校への合格判定はA(80%以上)です。最低限これをキープしてもらえるように夏休みをサポートします(^^
校舎: 
カテゴリー: 

高校進学説明会(7月24日)

中3生と保護者対象に高校進学説明会を開催しました。

夏休みを目前に控え、志望校の決定方法や入試情報、夏休みの
過ごし方など説明しました。
また、6月から配信スタートしました昇英塾講師による映像授業
も紹介。是非、予習・復習にお役立てください。

   

 
カテゴリー: 

個別懇談より⑥

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中1生・女子の保護者とのお話です。

この子は今から1年半前に入塾しました。

入塾当時から、算数と国語が苦手で授業を担当していた講師に話を聞くと、わからない問題を説明しているときも表情が硬かったようです。

また、入塾時に英語を習い始め、英語は興味があるようでドンドン新しいことを習得してくれました。

そして、中1になり、初めての定期テスト(期末テスト)を迎えました。

お母さんとのお話では「平均点は超えたい」という目標だったようです。

そして、その結果はどうだったかというと・・・平均点+50点となりました(^^

よく頑張りましたね。これで少しでも自信をもってくれたらうれしいです(^^
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談より⑤

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中2生・男子の保護者とのお話です。

この子は昨年の4月に入塾しました。

最初は成績が全体的によくなくて、模試の偏差値は40もありませんでした(40・・名張高校にギリギリいけるレベル)

その後、普段の平常授業にくわえて毎週土曜日の補習を1年間続けた結果、模試の偏差値が52(上野高校合格80%)まで上昇しました(^^

成績の上昇に伴い、勉強への意識がより強くなっていきました。本人もそれを感じていると話してくれました。

やはり、継続というのは大事ですね(^^
校舎: 
カテゴリー: 

個別懇談より④

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中1生・女子の保護者とのお話です。

この子は今から半年前に入塾しました。

それまでは他塾に通っておりましたが、ご兄弟の転塾にともない一緒に梅が丘校にきてくれました。

新中1生は、中学生になってすぐにコロナウイルスの影響による休校を体験しました。

小学生から中学生になると勉強や生活の環境が大きく変わりますが、新中1生たちは新しい環境を十分に体験することなく休校の影響を受けてしまったので、「中学生とはどのような生活をするか」ということをよくわかっていませんでした。

そのような中で勉強が難しくなるので、学校の勉強に対応できなくなってしまうお子様が多くなる可能性がありました。

そこで、この子(ほかの中1生も同様にです)には以下のことを注意して授業や応対をしていきました

〇楽しさのある要素を取り入れての勉強

〇やればできる!を実感させること

先日期末テストが終了し、テスト結果には満足してくれたようです(^^

この調子で頑張ってもらいますよ(^^
校舎: 
カテゴリー: 

第80回 名探偵ショーエックホームズに挑戦 ~桔梗が丘校からの挑戦~

第80回「桔梗が丘校からの挑戦状」

今や世界全体がコロナ禍で大変な時期ですね!
こんなときこそリモートで世界各地の観光名所をまわって、旅行気分でも味わいたいものです
今回の問題は、そのときの準備に必要な
『時差の問題』
時差の計算は苦手な人が多いんだけど
ちゃんとポイントをおさえておけば簡単です!
秋山先生からの世界旅行に行った気分になれるプレゼント問題だよ!
 
<前回クイズの当選者発表>
抽選の結果、前回クイズの当選者は次の皆さんです。
おめでとうございます!
T・Hさん  (つつじが丘校) 
T・Tさん  (城下町校)
I・Kさん  (つつじが丘校)
K・Rさん  (つつじが丘校)
辻本 大悟さん(名張本校・小3)
岡田 妃菜さん (梅が丘校・中3)
 
<前回のクイズ>
弟が姉に向かって言いました。
「お姉ちゃんに僕の歳を2つあげると、お姉ちゃんの歳は僕の2倍になるね。」
すると姉が
「ついでだから、もう1つちょうだいよ。 3倍になるから。」
と言いました。
さて、姉と弟は、それぞれ何才でしょう?
 
<前回のクイズ解答>
姉:6歳  弟:6歳

では、今回のクイズを出題します。
問題です!!
日本(東経135度)が12月20日午後1時のとき
ニューヨーク(西経75度)の日時を求めなさい。
何月何日 午前・午後何時と書いてください。
 
さあみんな、秋山先生からの挑戦をはねのけて、どんどん応募してください。
今回の締め切りは、7月26日(日)中です。


応募はこちらから!
 
<ヒント>
東に行くほど時間が進むよ。
つまり、日本の方がニューヨークより、時間が進んでいることが分かるよ。
そして、経度15度ごとに1時間の時差が生じます。
ニューヨークと日本の経度差は
135+75=210度 
となります。


というわけで、次回「クイズ 名探偵ショーエック・ホームズに挑戦」は、梅が丘校の堀井先生が8月1日からの1週間の間でアップします。
お楽しみに!
 
カテゴリー: 

個別懇談より④

梅が丘校生の個別懇談を6月に行いました。その際の内容について、お話しいたします。

今回は中1生・男子の保護者とのお話です。

この子は問題を解くとき、わからない問題があるとその問題で止まってしまい、先に進めなくなってしまうクセがあります。

そのため、テスト時間配分を失敗してしまうことが何回かあり、テスト結果の上下が激しい子です。

これを解消するために「事前準備をしっかりする」という方法の特訓をしています。

学校のテストならばテスト範囲が決まっているので、事前準備を徹底することができます。

あとは、それがうまくいくためのサポートですね(^^

こうして、自分の勉強に自信をもってもらいたいです。

1学期の期末テスト(中学生になって初のテスト)の結果は5科目合計で440点でした。

とてもよく頑張ったと思いますよ(^^
校舎: 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ