昇英塾とはabout SYOEI

親心を理解した真心の指導。
それが昇英塾の原点です。

昇英塾の理念

  • 親切

    一人ひとりを本当に大切にする、いきとどいた指導を実践します。

    子どもたちの小さなつぶやき、しぐさにも気を配り、素朴な疑問にもすぐに答えられるように準備しています。大きな塾にありがちな、スケジュール主導ではなく、分かっていなくても先に進むということは絶対にありえません。家庭的な温かみのある学習塾でありたいと考えています。
    子どもたちのためにもっとできることはないか…、保護者と共にそれらを模索し続けて、これからも大きな学校では得られない『きめ細やかな心のいきとどいた教育』を行っていくことをお約束します。

  • 親身

    授業はもちろん、それ以外の生徒指導、ご家庭との連携に最大限の力を入れています。

    この背景として、生徒の学力を確実なものとするには単なる教科知識の教授だけでは限度があるという考えがあります。
    授業が授業として成立するには、講師と生徒・ご父母との間に信頼関係が必要です。各種テスト結果や授業での学習状況をもとに弱点を分析し、一人ひとりにあった学習方法や具体的なプランを提示します。進学相談や生活面での悩みなども、進路情報センターを設置し、親身にアドバイスをさせていただきます。
    生徒にとって、協力なサポーターとしていつも身近な存在であることをお約束いたします。

  • 熱心

    講師自身が教育に対する志を高くもって指導に取り組みます。

    活気あふれるアットホームな教室。生徒とともに歩む熱心な授業。気さくに質問できる雰囲気。子どもにとって、わかる授業・できる授業の中に学ぶ喜びがあり、学ぶ意欲につながります。
    これらは教育システムとしてつくったものではなく、講師一人ひとりの情熱と責任感から自ずと生まれ、開校以来からずっと受け継がれてきたものなのです。
    昇英塾では、教育に対する『理想と情熱と技』を備えた講師の確保・養成を図るため、力量を高める研修制度と共に、保護者・生徒の意見を反映させて教育者としての資質を高めます。
    生徒たちの要望にいつも的確に応えられるように研鑽していくことをお約束します。

  • 安心

    生徒の安全について地域No.1の取り組みを目指しています。

    大切な子どもたちをお預かりする教育機関として、子どもたちの安全を第一義と考え、従業員は名札を着用し、一目で部外者との区別ができるようにしています。挨拶の励行指導と安全の観点で、授業前の生徒の出迎え、授業後の見送りを周辺で行っています。
    地域密着型であるメリットを活かし、地元小中学校・地域行事との兼ね合い、子どもの集中力・体力に配慮し、地域と連携した教育を心がけています。
    また、昇英塾個人情報保護方針に基づき個人情報保護責任者を定め、運用・管理を徹底しています。
    生徒のみなさんが安心して学べる環境づくりに今後の積極的に取り組むことをお約束いたします。

LFTASシステム

昇英塾は、学習指導を通じて、理想的な教育のあり方を追求し、子どもたちの豊かな人間性の実現を目指しています。 その過程において生み出されたのが、昇英塾の「LFTASシステム」です。
「Lesson(授業)」 「Follow(補強)」 「Test(試験)」 「Advice(相談)」「System(システム)」という、学習指導における各要素を結びつけ、お互いに連携させることによって、従来にはなかった質の高い教育を実現しています。
目標への階段をスムーズに昇れるように、弱点補強と実力練成とを無理なく組み合わせて学習できる環境を整えています。

LFTASシステムイメージ図

L Lesson レッスン(授業)

けじめのある厳しい指導

授業の様子 講師研修の様子

習熟度別クラス編成

年6回開催される統一OPEN模試の成績と講習後のテスト結果を元に、生徒それぞれの理解度にもとづく科目ごとのクラス編成を行います。つまり、成績にあわせてそのつどクラスを変更するシステムなのです。これにより、自分の実力にあったレベルで、ムダなくムリなく力を伸ばすことができます。そのうえ、経験豊富な講師陣による少人数制なので、個々の生徒に対して適切かつ速やかに対応することができます。

講師の質を高める「支持率調査・講師研修」

定期的にご家庭からアンケート調査をし、講師に対する満足度をチェックしています。また、講師研修で様々なスキルを日々研鑽しています。

F Follow フォロー(補強)

親身なフォローアップ

補習のイメージ 自習室の様子
補習のイメージ

理解度を深める無料補習・無料学習会・質問会

「わかるまでやる」「できるまでやる」という方針から、定時授業以外にも、学力の定着をはかる学習会や補習授業、生徒のやる気に応じて個別の質問に対応しています。

定期テスト対策

昇英塾では、学校の定期テスト対策にも充実の指導態勢で臨んでいます。例えば、定期テスト前には通常のカリキュラムを定期テスト対策に切りかえて、得点力アップへ十分な指導を行っています。昇英塾は、伊賀地区で生まれ育った学習塾です。どの中学でどのように授業が進んでいるのか、どんな問題が過去に出題されているのかなどを的確に把握しつつ、塾生一人ひとりの成績状況や学力特性にマッチした定期テスト対策指導を行って、成績を上げていき、最終的には志望校合格へつなげていきます。

個別の進路・学習相談

昇英塾の講師は、単に授業内容に関してだけでなく、勉強の進め方や自習用教材の紹介、中学・高校入試の情報についてなど、あらゆる相談に応じるトータルアドバイザーです。どんなささいな悩みに対しても親身になって相談に乗り、解決をはかります。

Eメール・携帯メールによる保護者への連絡を導入

昇英塾からは、お子さまが欠席された場合の宿題や進度のご連絡、またはその日に気になったことについてのご報告、塾からのご連絡事項、登下校の時刻などをメールでお知らせさせていただき、ご家庭からは、その日の授業で行った問題についての質問、学校で出された宿題の質問、お子さまの欠席連絡などで多くご利用いただいております。このようにして、ご家庭との連絡をより緊密にさせていただいております。

自習室の様子

常時開放「自習室」

昇英塾では常に自習室を開放しています。集中できる個別ブース型の机ですので、家では集中して勉強できないお子さまに最適です。また、まわりの塾生の雰囲気に触発され、効率よく勉強に取り組めます。

授業の復習・予習をいつでも「映像授業」

昇英塾では映像授業も塾生を対象に配信しています。教科書内容の講座はもちろん、入試・定期試験・塾内模試などの対策としてもご利用いただける講座を多数用意しています。 (サンプルはこちらから) 映像授業も昇英塾講師が担当します(同じテキストを使用します)ので、一斉授業で学習した内容が映像授業でも学習でき、これまで以上の繰り返し学習が家庭でも実現できます。 また、欠席時の授業内容確認や未習分野の先取り学習としても各家庭でいつでも気軽にご利用いただけます。

T Test テスト(試験)

万全の試験体制

テストの様子1

統一OPEN模試

統一OPEN模試は、年6回実施しています。塾生だけでなく、外部の方も数多く受験されていますので、全体における自分の位置を正確に知ることができます。統一OPEN模試の成績帳票は、昇英塾独自の豊富なデータに基づいて作成されています。これにより、志望校判定、弱点分野の分析、学力の推移など、あらゆる角度から自分の学力を知ることができます。

統一OPEN模試 出題科目と費用
学年出題科目費用
小3・小4算数・国語9,000円/年
小5・小6算・国・理・社13,500円/年
中1~中3英・数・国・理・社18,000円/年
統一OPEN模試(2022年)実施日程
実施日
第1回3月21日(月)~23日(水)
第2回5月26日(木)~28日(土)
第3回7月19日(火)~21日(木)
第4回10月24日(月)~26日(水)
第5回12月15日(木)~17日(土)
第6回(小3~中2)2月1日(水)~3日(金)
第6回(中3)1月9日(月)~11日(水)

確認テスト

長期講習後には、学習の成果を確かめるための「確認テスト」を実施します。科目別・分野別に克服すべき課題を再度明確にし、講習後の効率よい学習につなげます。

テストの様子2

サバイバルテスト

「サバイバルテスト」は、合格するまで終わらないテストです。「わかるまで」「できるまで」「覚えるまで」徹底的に行い、学力の基礎をみっちり築きます!

浜学園公開学力テストの様子

英検・漢検・五ッ木駸々堂テスト・浜学園公開学力テスト準会場

昇英塾は英語検定・漢字検定などの準会場として指定されています。遠くの会場に行かなくても昇英塾で受験することができます。塾生だけでなく、外部の方も受験できます

A Advice アドバイス(相談)

豊富なデータに基づいたアドバイス

入試説明会の様子

個別懇談会

学期末には個別懇談会を設け、進路や家庭学習に関して保護者の方々と直接意見交換できるようにしています。このほかにも、ご要望がある場合には随時各教室長がすぐにご相談に応じます。

入試説明会の様子

入試説明会

会場を借りて行うこの入試説明会には、毎年200名に及ぶ生徒と保護者の皆さまが参加しています。例年の入学試験の形式や傾向、入試に必要な知識など、ここでしか入手できない中学入試・高校入試の情報を提供しています。形式的な説明にとどまらず、より濃い内容のお話を聞くことができます。

進路資料「道標」・各種学習情報誌の発行

中学3年生、小学6年生を対象に進路資料『道標』を配布し、入試や進路に関する的確かつ新鮮な情報を提供しています。昇英塾の「進路情報センター」が誇る膨大なデータを元にして、私立・国立中学、私立・公立高校の難易度や内申書の目安など、実に貴重な資料を集めた冊子です。これがあれば、安心して受験に臨むことができます。

S System システム(仕組み)

安心のシステム

学習支援システム

全教室に「学習支援システム」を完備。塾生証がICカードになっており、お子さまの入退室時刻を把握することができます。学校帰りに登校された場合も、お子さまが無事に校舎に到着したことがわかり、ご安心いただけます。入退室時刻は保護者の方の携帯電話やご家庭のPCに通知されます。(メールアドレスやアプリ登録が必要)

ホームページでブログを公開

昇英塾のホームページでは、各教室で授業を担当している講師が、その日の授業の様子や、その講師の思いなどを綴ったブログを公開しています。また、毎月の各種イベントや講座案内、各校舎における月の予定表なども掲載しています。

沿革

1978年 4月 三重県名張市に昇英塾を開校
1980年 7月 名張市丸之内に本校を移転
1983年 1月 丸之内本校に2教室増設
1986年 8月 三重県知事認可を受ける
1987年 4月 つつじが丘校を開校
つつじが丘校に2教室増設
1987年 12月 情報センターを開設
株式会社 昇英塾 を設立
1988年 4月 統一OPEN模試の実施
1988年 7月 桔梗が丘校を開校
1991年 4月 統一OPEN模試のコンピュータ処理の導入
1993年 6月 梅が丘校を開校
1994年 10月 桐ヶ丘校を開校
1996年 4月 上野緑ヶ丘校を開校
1996年 12月 名張市平尾に名張本校ビル完成 本校機能を移転
1997年 4月 個別指導プログラム「アシスト」を開発
小学生対象の英語力開発プログラム「PEC」を開発
1997年 11月 私立中学・高校入試説明会を始める
1999年 12月 百合が丘校を開校
2000年 4月 特進科の充実を図るために特進管理部を設置
昇英通信・特進版「フェスティナレンテ」を刊行
2001年 4月 小学生対象の個別対応学習システム「ステップ」を開発
2001年 12月 名張市平尾に名張本校別館ビル完成
2002年 10月 進路情報センターを平尾に移転
2002年 11月 公式ホームページを開設
2003年 3月 統一OPEN模試を完全自主制作化
2004年 6月 伊賀上野城下町校を開校
2004年 7月 個別ブース型自習室を各校舎に設置
2005年 4月 塾生の登下校時の安全確保のため「登下校管理システム(学習支援システム)」を導入
2009年 9月 小中学生対象の無料会員制度「Syoei Egg Club」を開発
2010年 2月 小学生低学年を対象の個別対応学習システム「ステップジュニア」を開発
2010年 4月 情報誌「しょうえいびより」を刊行
2010年 9月 伊賀上野城下町校に「ハイレベル上野高校クラス」を設置
2011年 9月 事務局をつつじが丘に移転
2011年 10月 (株)テラスを吸収合併し、予備校事業に参入
新 資本金8,000万円(他 資本準備金 2,000万円)
「河合塾マナビス」桔梗が丘校を開校
名張校、伊賀上野校と合わせて3校舎の運営となる
2022年 4月 株式会社 学研ホールディングスのグループ会社の株式会社 学研塾ホールディングスにグループイン